消化器内科・消化器外科・肛門外科・内科・一般外科・ 整形外科・皮膚科・ 脳神経外科・心臓血管外科・放射線科

医療法人大修会 大山病院

0294-72-6161
当院で行う治療内容について
当院で主に取り扱う疾患について
それぞれの疾患ガイドラインに準拠し、診療を行っています。

食道がん
食道静脈瘤
胃がん
大腸がん
肝臓がん
胆道がん(十二指腸乳頭部がん)
膵臓がん
胆石症(胆嚢結石、総胆管結石)胆嚢炎、胆管炎
閉塞性黄疸
慢性膵炎、急性膵炎
肝硬変
C型肝炎
虫垂炎
消化管穿孔・腹膜炎
腸閉塞
腹壁ヘルニアの手術
痔核、痔瘻など
鼠径(そけい)ヘルニアについて
一般的には脱腸とも言われます。立ち上がったり、腹圧が加わった時に、ふとももの付け根のあたりが柔らかく膨らむ病気です。原因は生まれつきの場合や加齢などによる後天的なことが原因でおこります。膨らんだ部分の中身は、多くの場合は小腸や大腸です。初めのうちは膨らんだ部分を押すともどることが多いのですが、放置していると、脱出した腸などが締め付けられて、戻らない状態になることがあります。これを嵌頓(カントン)といいます。この際に、脱出した腸が壊死した場合には腸を切除する手術が必要となることもあります。
鼠径ヘルニアの症状
ふとももの付け根のあたり(鼠径部)に圧迫感や痛みがでることがあります。小腸が脱出する場合は吐き気や嘔吐がみられたり、大腸脱出の場合は便秘が起こることもあります。膀胱が脱出することもあり、脱出する臓器で症状のでかたが異なります。
鼠径ヘルニアの種類
おなかの壁の部分、ヘルニアが起こりやすい場所はいくつかあります。その場所によって以下のように分類できます。
内鼠径
外鼠径
大腿ヘルニア
鼠径ヘルニアの検査
診ただけで診断できることがほとんどですが、脱出した臓器を確認するために腹部CTや超音波なども行われます。
鼠径ヘルニアの経過
自然治癒することは期待できず、お薬やヘルニアバンドなどでも治ることはありません。放置すると大きくなったり、嵌頓(カントン)したりすることがあります。自然に治ることはなく、治療の原則は手術になります。嵌頓状態になっている場合は、脱出した腸が壊死に到ることもあり、腸を切除する手緊急手術が必要となり、早めの対応が望まれます。
鼠径ヘルニアの治療
自然治癒することは期待できず、手術が必要です。手術は腹壁の弱くなった部分(ヘルニアの脱出する孔)を人工の膜(メッシュ)で補強することが行われます。大きく分けて鼠径部を切開して、外側からメッシュを入れる鼠径部切開法と腹腔鏡をお腹にいれて内側からメッシュを入れる、腹腔鏡下の手術が行われます。
当院での手術方法
当院での鼠径ヘルニア手術は腹腔鏡下で行っております。(下腹部の手術歴、前立腺癌の手術、治療歴がある方などは鼠径部切開法で行っております。)直径5mmの切開を3箇所おこない、手術をおこないます。手術時間は大きさなどにより異なりますが、片側で1時間弱になります。手術の前日入院。手術後に1泊していただいて、翌日退院の2泊3日をおすすめしております。ご希望の方は、既往疾患や独居でない方など条件はありますが、手術当日の退院も可能です。ご相談ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ